手汗を止める方法・対策とストレスの関係

誰もが経験するのは手汗をかくことで、普通ではない状態、たとえば興奮したり緊張すると手のひらに汗がにじみます。
これは精神性発汗現象で、その興奮や刺激が無くなると手汗も無くなります。
しかしそうではなく、常に手汗をかくとなると精神性発汗ではなく、多汗症という病気の疑いがあります。
このような病気は皮膚科で治療すると良いでしょう。
ここで手汗を止める方法をご紹介しますから参考にしてください。

 

ひどい手汗をとめるボツリヌス注射

ボツリヌス注射は皮膚科での治療で、猛毒のボツリヌス菌を手のひらに注射します。
この注射で神経を遮断して手汗を止めますが、
効果は6ヶ月程度ですから効果が切れると再度注射します。
注射は手のひらにしますから当然痛みがあります。

 

イオントフォレーシスで手汗を止める

イオントフォレーシスは水の中に弱い電流を通電して、そこに手のひらをつけることで
汗腺を刺激して手汗を止めます。
専用の機材が必要ですから手汗がひどくなるたびに
定期的に皮膚科に通院しなければなりません。

 

塩化アルミニウムで手汗を止める

手汗がひどい場合、皮膚科では塩化アルミニウム外用制汗剤を処方してくれます。
塩化アルミニウムには汗腺を塞ぐ作用があるので、自宅で寝る前に手のひらに塗ります。
身体には無害で簡単に使えて手汗を止める効果があります。
なお手袋をする方法は肌がかぶれて皮膚炎になることがあるようです。

 

東洋医学のツボを刺激して手汗を止める

東洋医学では手のひらにある汗腺のツボに労宮(ろうきゅう)や合谷(ごうこく)というツボがあり、
そこを指で押さえることで手汗を止めます。
時間がある時にツボを指で押さえるだけですが効果があるそうです。

 

半側発汗の皮膚圧反射を応用して手汗を止める

身体には半側発汗(皮膚圧反射)があり、この作用で手汗を止めます。
つまり汗が反対側に出る現象を利用するのですが、
手汗がとまると別の部位に汗が出ることがあります。

 

更新履歴